前腕を太くするために私が行っているトレーニング

「本当に太くならねえ!こんなにも
トレーニングしてるのに!」

ここにたどり着いたあなたは
そんな事を思っているかもしれません。

だけどそれは、私も同様なんです
前腕って本当に太くなりにくくて
嫌になりますよね?

だけど・・・どうしても太くしたい
確かに前腕が太いと、Tシャツからのぞく
血管がブクブク浮き出た前腕なんて
やりすぎじゃないと
かっこいいものじゃないですか。

じゃあ前腕をトレーニングして
手に入れようじゃあありませんか
もちろん、簡単な道のりではないですが。

私なんて、あなた以上に前腕が細いです
下記の画像をご覧になってください
道に落ちている枝か?ってくらいでしょ?

でもこの枝みたいな前腕を
太くしたいよな!
って思いながら、日々鍛えております。

前置きはこの辺りにして
まずは前腕の筋肉について、簡単に解説
それから私が行っている
前腕を太くするためのトレーニング
という感じに記していきますね。

前腕は太くなりにくい部位?


なんの雑誌かは忘れてしまいましたが
前腕って、太くなりにくいって
学んだのです。

なにをいってんだかって思うでしょうが
それにはワケがあり・・・・

例えば、前腕の先にある手
これって使わない日、ないですよね?
なにか物を取る時に絶対使うし
ご飯を食べるときにも、箸を持つために
使います、筋トレをするときにも使う
つまり、毎日使っています。

毎日使う部位でもあるので
筋肉が弱いとどうなるでしょうか?
上記のこと、できなくなりますよね?
手を動くのは、脳から筋肉(前腕)へ
司令が伝わって動かしているので。

なので予め、前腕は人体の中でも
他の部位よりも、筋肉が強めにできていて
ちょっとやそっとの筋トレでは
筋肉痛を起こすほどの疲労を
与えるのが難しいのです。

だからなかなか太くならないな~って
思ってもそれが当たり前なんです

そしてもう一つ、錯覚していること
ありまして、それはなにかというと
下記に続きます。

手首が細い=前腕の筋肉ないとは言い切れない


手首と前腕を、ちょっと別々に考えよう
どういうことかというと
手首が細くて弱々しくて嫌だ!って
思っている人、結構多いみたいですが
手首に限って言えば
「じん帯と骨が集まっていて
筋肉自体はあんまりない」

手首を触ってみたらわかりますよね?
骨やじん帯がゴリゴリって
たくさんある感じが。

じゃあどうして、ビルダーやフィジークの
人たちは太いんだよ?って思うでしょうが
私が推測するに、前腕を極限まで
鍛えた結果、前腕の筋繊維1本1本が太くなり
その結果、前腕の筋肉~手首の方まで
つながって伸びている僅かな筋肉が
結果的に肥大した

ということだと思うんですよね。

また、前腕の筋肉って細かく言えば
これだけ分かれているのです

筋肉の種類は10位ありますね
1つ1つ適切に刺激を・・・なんていうのは
かなり難しいので、私はやりません。

なので、手首を太くする、と考えるより
前腕をとにかく鍛えて太くしていく
このように考えたほうが
いいかもしれません。

だけど、鍛えすぎには注意


極限まで鍛える、と言って重量やレップ数を
尋常じゃないくらい増やしたりするのは
はっきり言ってよくありません。

手首の関節は、細かく分けられていて
少なくとも7つほどの関節が重なって
手首の関節を形成しております。

尋常じゃないくらいに鍛えていて
その際に、手首をなにかの拍子で
痛めてしまうと、それがずっと残る
ということも考えられます。

しかし、太い前腕を手に入れたい
って本気で願っている場合
尋常じゃないくらい鍛えて
手首を痛めてしまう、ということを
覚悟の上でやるのも、一つの手段です。

どちらがいいかはわかりません
なので今の自分にあった重量を扱い
それから徐々に、重量をアップさせて
レップ数も気をつけながら
行っていきましょう。

さて、お待たせいたしました
実際にお前さんは、前腕に対して
どんなトレーニングをしているのか?
って思っているはずなので
次項でその辺りを伝えていきます。

私が行っている前腕を太くするためのトレーニング

まずは簡単なところからだと
とにかくダンベル、バーベル
力を込めて握ってトレーニングをする

上腕二頭筋や三頭筋、その他様々な部位を
鍛える上で、手を使わないってことは
ありません、その時にぎゅっと
力強く握ってトレーニングをすると
これだけでも前腕は鍛えられます。

あまり意識しないで行うと
前腕がパンパンになることはないですが
意識して行うと、意外とパンプします。

これは本当にごくごく小さなきっかけで
誰だって行っているようなことですが
やっていない人もいるかもしれないと
思ったので記しました。

地獄の5分間前腕トレーニング


私が前腕を太くするトレーニングで
短時間で強烈な刺激を与える方法ないかな
って探していたら、こんな動画を
見つけたのです。

Fight Muscle Channel様の動画は
非常に参考にさせていただいております
因みに動画の中で一番の再生数が
この前腕の5分間トレーニング
これだけでも、前腕にコンプレックスを
抱えている人は多いのだなと実感。

また、短時間で効率よく筋トレ
っていうのが、私にはあっていて
今回はそれを参考にさせていただきました。

実際に行ってみると・・・
たかだか7.5kgのダンベルでやったら
2分で撃沈、パンパンで痛い状態に。

これは確実に重量があってないと思い
4kgで再び挑戦すると
5分間やりきることができたので
それが私の下限値、ということが
わかりましたので、そこから重量を
少しずつ上げてトレーニングしています。

私の場合、お家にあるダンベルは
動画で使用されている
ダンベルと違いますので
指で持ち上げるトレーニングは
できません、ここはリストローラーを
使用して30秒間やり過ごす事に。

腕撓骨筋だけは重点的に鍛えよう


前腕で一番大きな筋肉と言っても
言い過ぎではないと思います
前腕を大きくしたいのであれば
腕撓骨筋は鍛えておきたい筋肉です。

では、どんなトレーニングがベストか?
リバースダンベルカールです

今はもう存命ではない
リッチピアーナ氏が行っている動画を
見つけましたので、やり方はこちらを
参考にしてみてください

因みに自分でやってみると
リバースダンベルカールですのおかげで
ほんの少し、前腕が盛り上がったと
感じております、これが結構嬉しい。

因みに私のトレーニング頻度ですが
腕撓骨筋、リバースダンベルカールに
限って言えば、1日おきに鍛えています。

ハンマーカールじゃダメなの?
ハンマーカールでも構わないのですが
リバースダンベルカールの方が
よりダンベルを握る力を要するため
ハンマーカールをやるよりも
前腕が鍛えられるかと思われます。